軽トラは中古車として高く売れます

中古車価格は人気と需要、流通量によって価格が決まると言っても過言では有りません。新車価格が高くても中古車買取価格が高くなるとは限りません。

 

特に中古車として重要が多いのが軽自動車や小型車ですが。その中でも今回紹介している軽トラック、軽トラは、中古車の買取価格は安定しています。
中古車市場の値動きは激しく、ニューモデルや年式が古くなる事で買取価格の下落は大きく、思っていた価格で売却出来ないケースも多くあります。
その点、軽トラは中古車としての価値が高く需要の割に球数が少ないので売り方次第では、予想以上の価格で売却も可能です。

 

軽トラを中古車として売却をお考えならディーラーなどへの売却では納得価格で買取して頂く事は難しいと思います。軽自動車や軽トラックなど中古車としての需要が多い車は、出来るだけたくさんの査定を取る事で少しでも高く売る事が出来ると思います。

 

しかし、数万円高く売りために一件ずつ査定を取りに中古車業者を回る事は、時間も労力も掛かり、逆に損をする事も考えられます。
そこで当サイトでは、軽トラを少しでも高く買取して頂く方法として、ネットで簡単に出来る車買取一括査定サービスの利用をおすすめしています。最近では利用者も増加してご存知の方も多いと思いますが、利用は簡単で、完全無料で利用出来る点も嬉しいですね!
1度の登録で複数の車買取業者や中古車販売店の査定依頼が出来、その中で高値査定を出す業者と交渉出来るので、高く売却が可能になる仕組みです。

 

特に今回の軽トラなどの買取は、高値が出やすい車種と言えます。軽自動車の買取に強い業者との提携が豊富な車買取一括査定サービスを利用すればより有利な査定、買取価格を引き出す事が出来ると思います。


軽トラ、軽ワンボックスの買取に強い車買取一括査定サイト

ズバット車買取比較

 

軽自動車や小型車の買取実績が豊富で、利用者の満足度も高い車買取一括査定サイトのズバット車買取比較
全国に150社以上と提携している国内最大級のネット車査定サービスで、簡単な登録だけですぐにおおよその査定価格を提示してくれます。
売却を決められている方も売却をお悩みの方も、まずは自分の軽トラが幾らくらいで売却可能は知りましょう!
ズバット車買取比較なら無料で査定、出張査定も可能ですので、手間の掛かる業者への持ち込み査定も不要です。
年式、走行距離を問わず、査定可能ですので是非この機会に無料車買取一括査定サイトであなたの軽トラの価値、買取価格を知って有利な売却に役立ててください。

 

        

 


 

かんたん車査定ガイド

 

軽自動車専門中古車業者や大手車買取チェーンなど買取査定価格が出やす業者との提携が多く、軽トラックの様な特殊な中古車の買取査定に実績が豊富で買取価格に納得される利用者が多い車買取一括査定サイトのかんたん車査定ガイド

 

全国ほとんどの地域をカバー、無料出張査定もあなたの希望日でOKです。
登録後、すぐにあなたの軽トラを買いたい業者から電話連絡が入ります。高値査定の業者との交渉で、中古車買取相場よりも高く売る事も可能です。
比較的、年式、走行距離が少ない軽トラの査定なら高価買取交渉も成功すると思います。

 

        

 

メーカー別 軽トラックの人気、評価

軽トラックを発売しているメーカーはダイハツ・スズキ・ホンダ・スバル・三菱自動車です。OEMで発売しているメーカーもありますが、ここでは、5社の軽トラックを比較しています。

 

軽トラックの購入は、近くにディーラーが有る無しで決まる事が多く、仕事の車と言う事からディーラーサポートが重要になる面が大きく売却などもほとんどの場合、ディーラー下取りで売却される方がほとんどではないでしょうか?

 

軽トラックの人気や評価はそれ程重要ではない事が多く、地域のディーラーの販売力に左右されることが大きいと思います。

 

販売台数の多い順に

※ダイハツハイゼットトラック


ダイハツハイゼットトラックは、軽トラックとしては販売台数でトップで、人気、評価も高い車種と言えるでしょう!
ハイゼットトラックの魅力は、低燃費と荷台の広さだと思います。
走行性能にも優れている軽トラックとしてNO1軽トラックと評価しています。

 

※スズキキャリィトラック


スズキキャリィは、ダイハツハイゼットトラックと並ぶ人気軽トラックで、販売台数も拮抗しています。
スズキキャリィの魅力は、最少回転半径と燃費性能です、特に農村地では需要が多く4WD車も人気です。
人気を二分する上位車種のスズキキャリィは評価も高い軽トラックです。

 

※スバルサンバートラック


軽貨物車として評価が高く配送などの利用が多いのがズバルサンバートラックです。
パネルバンなども用意されている為、軽貨物比率は高くプロが選ぶ軽トラとして人気が有ります。
ミッドシップのエンジンはメンテナンスにも優れています。

 

※ホンダアクティトラック


ホンダの軽トラックのアクティは、地方で人気、需要が多く農村、漁村を問わず走り回っている車種です。
ホンダ車のエンジン性能を受け継ぐ軽自動車、軽トラックで長く乗る事が出来るなどの評価が高い車だと言えます。
また、ダンプ、リフター、冷凍車などの特装車を選ぶ事が出来るのも魅力の1つではないでしょうか?

 

※三菱自動車ミニキャブトラック


軽トラックとして販売台数は少なめですが、三菱ミニキャブトラックはOEMなどで他社からの販売もしています。
ミニキャブトラックの魅力は、ガソリン車と電気自動車を選べることですが、まだまだ電気自動車の需要は少ないのでこれから普及が進めばミニキャブトラックの魅力は増すと思われます。

 

軽トラックの使い道、魅力

※軽トラの魅力と実力

軽トラックとは軽自動車の規格に合わせたトラックのことである。
前方のキャビンと後方の荷台、それを支えるシャシーで構成される。

 

軽トラックが支持される点についてー軽トラックは軽自動車ということから維持費の低廉さもさることながら、貨物車であっても初年度の車検こそ2年であるが、継続車検も2年であり、普通車のトラックと比べても車検が1年多い分手間が省けるメリットがある。

 

農機具の積載やちょっとしたお使いに使う下駄替わり、農協へ収穫品の搬入という具合に一台何役もこなせるオールマイティーカーであり、田舎における点描の代名詞として描かれることが多いが、道の狭い都心においてもそのコンパクトさが重宝され、宅急便や赤帽でその姿をみることが多いのである。

 

既に乗用車としては旧態化したラダーフレームやパートタイム4MDをいまだに採用、これが図らずも耐久性や走破性の高さに一役買っている。
また、積載量こそ350キロとなっているが、実際にはその倍以上にも耐えうる設計となっているという説がまことしやかに流れているのである。

 

特に田舎においては10年以上乗り続けるケースが多く、中古車でもなかなか値落ちしない車種の一つに数えられています。また、中には30年以上前の360CCを乗り続ける人もいます。

 

これには、かって存在した実技不要・16歳から取得できる軽免許制度が関係しており、360CC以上の車が運転できないためである。

 

・特別仕様についてー販売促進の手段として特別仕様が乗用車では販売されることが多いが、一般的に商用車では殆ど見られない。

 

しかし、軽トラックは例外的に多く見られ、地方限定仕様が見られるのが特徴である。

 

以上のようなところが、軽トラックが支持される理由ではないでしょうか。

 

※車マニアから見た軽トラ人気ランキング

こんにちは。今回は車好きな私が様々なサイトを見た結果、軽トラックの人気ベスト3について紹介しようと思います。

 

まずは第3位、ホンダ・アクティトラック。
1977年にTN7の後継として発売され、現行型は4代目として2009年に発売されました。
10年間生産された先代の3代目はセミキャブオーバーだったのですが、この4代目では再びキャブオーバーを採用しました。また、最小回転半径が3・5mと軽トラトップクラスの小回り性能となり、車体の軽量化等により全車が「平成22年度燃費基準?5%」を達成しています。

 

 

第2位、ダイハツ・ハイゼットトラック。
1960年に発売され、現在まで55年と現行軽貨物車の中で最古の歴史を持っています。
現行型は2014年10月に発売され、防錆対策が長期保証のほか、「56km/hオフセット衝突」に対応し、安全性も向上しています。

 

 

そして第1位はスズキ・キャリイトラック
1961年に発売され、1971年〜2009年まで39年連続で日本国内の普通・小型も含めた車名別年間販売台数1位を記録した、軽トラの代名詞と言える車種です。
現行型は2013年に発売された12代目で、先代の面影を残しながらこちらもフルキャブに回帰しています。
他にもステアリングコラムカバーを小型化して室内空間にも余裕を持たせて居住性も向上し、またヒップポイントを低くして乗り降りもしやすくなっています。

 

以上でランキングを終わります。これから軽トラの購入を検討している方は是非参考にして、自分にあった車種を選択されてみてはいかがでしょうか。

軽トラの売却、買取査定の体験談

 

ホンダのアクティトラック、7年落ちの走行距離は、少なめの軽トラを処分することになりました。この軽トラは親族の軽トラで、1年前から体調を崩して事で乗ることなく、敷地内に放置されていました。
農家で利用していた軽トラで、最低限のメンテナンスなどはしていたようですが、外見は決して綺麗とは言えない軽トラックで、実際、廃車にすることを考えていました。
車をホンダのディーラーで、廃車にするにも廃車手続きや費用が必要になると言われ、まだ走ることが出来る上に車検も残っていたので乗ってくれる人に譲る方が良いのかと思い、ネットでいろいろ調べて結果、ネット車買取査定サイトで査定依頼してみました。
すぐに電話が掛かってきて車を見てみてみないとわかりませんが、15万円くらいでは買取出来るという事でしたので、出張査定をお願いしました。田舎町まで、査定に来ていただき、最初に言っていた15万円で買取していいただけたので、即決して引き取りをお願いしました。
処分する為に必要な書類などもこちらで用意する書類だけ提出して処分は完了できました。
方や、廃車手数料が必要と言われた軽トラが、他では15万円で買取してくれ、手続きなども簡単に出来ました。
買取してくれた業者の話では、軽トラや軽バンなどは、中古車として需要が多いそうです。外見が少しくらい悪くてもエンジンなどの程度が良ければ、中古車として売れるそうです。


 

 

これは、軽トラの処分に多いことですが、所有者が死亡して軽トラの処分にお困りの親族さんです。車検証の「所有者の氏名又は名称」の方が死亡した場合、名義変更などが出来なくなることなどから手続きが少しややこしくなります。
必要な書類は、自動車車検証・自賠責保険・リサイクル件・身分証明書+戸籍謄本(相続人全員記載)・除籍謄本・遺産分割協議書・印鑑証明(代表相続人)が必要になります。
所有者が死亡した際の軽トラの処分をするだけでもこれだけの書類が必要になります。
軽トラの所有者の高齢化で、所有者死亡による処分が増えています。死亡による処分の際には、自動車ディーラーや車買取査定サイトなどを利用すれば、必要書類などを教えて頂けるので、自分で調べるよりも専門の業者に相談してください。


軽トラ買取 対象地域

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・静岡県・山梨県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・岐阜県・愛知県・三重県・奈良県・和歌山県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県/

更新履歴